長野オリンピックスケート500m金メダリスト清水宏保経営の 通所介護施設

〒064-0951
札幌市中央区宮の森1条6丁目2-15

● 営業日

月曜日〜土曜日
日曜日.12月30日〜1月3日は休み
祝日営業

● 時 間

午前と午後の2部制
①9:20〜13:25
②13:45〜16:50

● 定 員

1部あたり30名

● 最寄り駅

・地下鉄東西線「西28丁目」駅
・JRバス山手線
「循環西20・21」宮の森2条6丁目

  • 月間アーカイブ

ニュース
今月のリボンちゃん(5月)2017/05/06

こんにちは、リボンリハビリセンターの鎌田です。

 

世間はゴールデンウィーク!

皆様、有意義に連休をお過ごしでしょうか?

リボンリハビリセンターはゴールデンウィークも営業しております!

 

 

昨日は5月5日、こどもの日。

端午の節句には鯉のぼりを飾りますよね。

それぞれの由来はご存知でしょうか?

 

「こどもの日」は、1948年に制定された国民の祝日です。

こどもの日は、古くは「端午の節句」として、

男の子の誕生や成長を祝う行事として行われていました。

 

今もその流れから、こどもの日には鯉のぼりや鎧兜を飾る習慣があります。

男の子」の行事だったものが、「こども」全般の行事へと変わったのは、

鎌倉~江戸時代の頃だと言われています。

そのもっと前の平安や奈良時代では、中国発祥の災難や厄を祓う意味合いと、

日本古来の田植えの際の神事が合わさったものとして行われていました。

 

この時、男女の隔てがなかったことから、

端午の節句は元は男の子に限ったものではなかったことがわかっています。

 

また、5月5日を国民の祝日として制定する際、

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

という文言があることからも、男の子のための行事というよりは女の子も含めたこどもに関わる祝日という位置付をしたことがわかります。

 

 

鯉のぼりの由来としては、

「黄河の急流に竜門と呼ばれる滝があり、その滝を登ろうと多くの魚が試みたものの登れたのは鯉だけで、登り切った鯉は竜になった」という中国の故事が元となっており、男の子の出世を願う意味があります。

 

また、鯉は清流に限らず環境がよいとは言えない池や沼でも生きていける生命力の強い魚で、祝い事に鯉を食べる習慣もこの生命力の強さを頂く、

という意味もあるそうです。

 

このようなところから、

どのような劣悪な環境においても生き抜くことができるたくましさを備え、

立派に成長して欲しいという意味があるのです。

 

 

 

 さて、前置きが長くなりましたが、

お待ちかねの今月のリボンちゃんです!

IMG_9028

 

今回も快く、協力してくれるリボンちゃん。笑

 

IMG_9124

 

IMG_9129

 

ちょうど桜が満開でした♪

明日はリボンスタッフでお花見の予定です^ ^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長野オリンピックスピードスケート500m金メダリスト清水宏保経営

リハビリ・エクササイズ型デイサービス リボンリハビリセンター

リハビリ型訪問看護 リボン訪問看護ステーション

〒064-0951

北海道札幌市中央区宮の森1条6丁目2-15

TEL:011-622-0027 FAX:011-622-0027

理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 看護師 柔道整復師 社会福祉士 管理栄養士 様々な職種が集まる 介護保険 総合リハビリテーションセンター

お問い合わせフォームはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー